女の人

監視カメラは犯人逮捕の重要な手がかりを残す

設置が簡単

カメラを持つ女性

防犯カメラの種類はいくつかありますが、有線とワイヤレスでは特徴が違います。ワイヤレスのものはデータを飛ばすためどうしても画質が低くなりますが、配線の手間がないので設置しやすいです。

もっと読む

マンションでも活躍

監視カメラ

マンションに防犯カメラを設置すると、証拠が残るのを嫌がり泥棒が入る危険性を減らすことができます。また、人目があるということは防犯面以外に、住民のマナー改善にも役立つので便利です。

もっと読む

細部までしっかり映る

防犯カメラ

犯罪を防ぐための方法にはいくつかありますが、店舗などでよく行なわれる対策が監視カメラです。もしも強盗などが入った時にも監視カメラを設置していると犯人の顔や、手がかりを記録に残すことができます。中には覆面などで顔を隠して犯行に及ぶ人もいますが、そのときでも監視カメラは細部まで記録に残すことができるため、背格好や持ち物から捜査の材料にすることが可能です。監視カメラが設置されない店舗などでは目撃者の証言から犯人を探すことになりますが、人の記憶は曖昧なことが多いのでなかなかこれといった決め手がわからないことも多いです。監視カメラを設置して詳細な記録を残すことが犯人逮捕を早めるために大切です。他にも、犯罪が起きた後の手がかりだけではなく、起きる前にも監視カメラは役立ちます。見られているということがわかっていると、犯罪を起こそうと思う人はぐっと少なくなります。それは、もしもその場で逃げられたとしても証拠が残ると簡単に捕まるということを知っているからです。強盗以外にも、万引きなど人目を盗んでこっそり行なわれる犯罪もありますが、監視カメラの設置方法を工夫して死角を減らすことで犯罪を防ぐことができます。また、防犯会社と契約を結ぶことによって、カメラに怪しい動きが映った場合にもすぐに警備員が駆けつけてもらうことや、警察に通報してもらうことも可能です。強盗の場合金銭を取ることが多くの目的ですが、危険な武器を持っていることも多いので、いざというときにすぐに駆けつけてもらえると安心です。

離れていても安心

PC

ネットワークカメラは従来のカメラとは違い、ネットを通して映像を見ることができます。そのため、離れた場所からでもしっかり監視できるので便利です。水や熱にも強いタイプは屋外に適しています。

もっと読む